オーリスタットで無理なくダイエット

食事制限したくない人は絶対にオーリスタットという成分が入っている薬を使ってダイエットしてみましょう。いつでもラーメンやカツ丼が食べたい!けど我慢してまでダイエットしたくないという人は是非使ってみてください。

オーリスタットで食事制限が必要なしでダイエット

近年、食生活や生活習慣の変化によって肥満が増加しています。肥満によって糖尿病、高血圧、脳卒中といった生活習慣病を引き起こすリスクが高まってきます。生活習慣病を引き起こすと、生命に関わることもあります。死因上位3位は、生活習慣病が占めています。生活習慣病にかかると完治は難しく、従来の生活に制限を余儀なくされて、その人らしい生活を送ることができなくなります。肥満というのは外見が太って見えることではなく、身体の脂肪の割合のことをいいます。BMIといって身長と体重の比率で計算される指標があります。BMIが25以上を肥満といいます。痩せてみえる方でも、BMIが25以上であれば肥満と呼ばれます。肥満を予防、改善するには運動や食事制限が一般的です。過度な運動や、無理な食事制限はかえって痩せにくくなったり、太りやすくなったりします。痩せなければならないというストレスも高まり、肥満予防の本来の目的から遠ざかっていってしまいます。オーリスタットという肥満改善薬が発売されるようになりました。日本では製造承認されていないので、個人輸入や美容クリニックでの取り寄せとなります。オーリスタットは食欲を抑える薬ではなく、腸内の脂肪を排出物と一緒に排出する作用があります。オーリスタットはカプセル薬で、3回食事の前、中、後のいずれかで1時間以内に服用します。食事内の脂肪を排出させるので、食事をしていなかった場合は服用をとばしてください。オーリスタットは脂溶性ビタミンのA、D、E、Kといった油に溶けやすいビタミンを阻害してしまうので吸収されにくくなります。ビタミンが不足してしまいますので、ビタミンの摂取を増やしてください。オーリスタットの副作用はほとんどみられませんが、身体の不調を感じたら医療機関を受診して医師に相談してください。

オーリスタット服用後の効果

オーリスタットは肥満治療薬の一種で、日本国内でも処方や使用が行われています。
作用の特徴は、オーリスタットが脂肪吸収を阻害する事で、体内に蓄積する新たな脂肪を減らす事が出来ます。
オーリスタットが作用する脂肪は、吸収消化される事がないので、便と一緒にそのまま排出されます。
オーリスタットを服用した後は、腸に吸収されなかった脂肪が蓄積するので、お腹が緩んだり便の回数が増える事があります。
お腹の緩みや排便回数の増加は不快ですが、オーリスタットの作用は脂肪を排出する事なので、間違いなく薬の効果が発揮された結果です。
オーリスタットが肛門から脂肪分を排出するので、便が油っぽくなったり、肛門に不快な付着物が発生する確率が高まる事が特徴です。
また、排出される脂肪の量によっては、便器を汚してしまう事も欠点になります。
お腹が緩み易くなるので、普段から下痢気味の人は不快になりますが、逆に便秘気味の場合は好都合です。
脂肪を減らす効果だけではなく、腸に溜まる便の排出が促されるので、この点も含めてウエスト周りの痩せが実現します。
オーリスタットは、新たに蓄積する脂肪を阻害する薬で、食欲減退や既に付いている内臓脂肪を取り除く働きはありません。
しかし、今以上に体重増加する事が防げるので、効率的にダイエットを補助出来る薬です。
過去に取った食事で付いた脂肪は、運動や食事制限を行う必要があります。
オーリスタットを使う場合は、運動でカロリーの消費は必要でも、極端な食事制限を行う必要がなくなります。
好みの食事で満足感を得ながらも、運動によるダイエット効果が得られるので、薬のサポートを受ける事は効果的な方法です。
幾つかの副作用はありますが、脂肪蓄積を阻止する効果は強力なので、ダイエットや食事制限の悩みを解消出来る選択肢です。

カロリーが低い食事でもオーリスタットは効くの?

オーリスタットは脂肪の吸収を阻害させる薬ですから、カロリーの多い少ないは関係ありません。摂取した脂肪のカロリーが少なくても、食べた脂肪分の30%が未吸収で排出されます。
カロリーが低い食事=脂肪分が含まれていない食事、という定義であれば、オーリスタットは効果がありません。オーリスタットはあくまで摂取した脂肪の吸収を抑える薬であって、糖質やたんぱく質の吸収には作用しないからです。
もし低カロリー食としておかゆを摂取した場合、オーリスタットは効果がありません。おかゆは水と米から作られており、栄養素としては糖質に分類されます。
オーリスタットは糖質の吸収には関与しないので、カロリーをカットする効果はありません。
オーリスタットが最も効果を発揮するのは、脂肪の多い食事を摂取した場合です。もちろん脂肪分を摂りすぎて、消費カロリーを上回ってしまった場合には太ってしまう可能性がありますが、カロリーカットの分も含めて消費カロリーを下回れば、体重が徐々に減少していく効果が期待出来ます。
また、脂肪分を摂取してしまったという罪悪感を払拭させる目的で使うのも効果的です。ダイエット中なのに焼肉を食べてしまった、バターたっぷりのケーキを食べてしまった、という時には脂肪分のカロリーをカットしてくれるので、その分の罪悪感を減らしてくれます。
オーリスタットは糖質とたんぱく質の吸収には作用せず、食べた脂肪分のうち30%を小腸から吸収させずに体外に排出させる、というのがポイントです。カロリーの多い低いには関係ありません。
この点を理解しておけば、おかゆや大盛りのご飯、餅、素うどん、食パン、など糖質のみの食事を食べた時には効果が期待できないということがわかります。
■参考サイト
ゼニカルなら脂肪を吸収しない
医薬品を通販してみよう
オルリガルでダイエット治療はじめよう